back_content1.png

2012年03月15日

INFOBAR A01

P1040217.jpg

世の中どいつもこいつもスマートフォンですよ。
例えば友達と三人でお店に入るじゃん?
向かいに座るじゃん?
二人ともさっそく鞄からiPhoneとiPadを取り出してタッチタッチですよ。
ムキー僕だって欲し(略)うらやましくなんてな(略)買いました。
INFOBAR A01のチョコミント。
まさかの旧機種。
だって毎月割でタダだったんじゃよ。
新機種のほうは画面が小さすぎたんじゃよ、実は中身の性能は同じだって言うし。

iPhoneの管理社会がなんだか窮屈そうだったのでAndroidにしたんですが、結局rootも取ってないし、野良アプリも入れなかったので、あんまり関係なかったかな。

さっそくナビで遊んだり写真を撮ったりしています。
動画撮影がきれいだったのが意外、デジカメより動きがヌルヌルです、これがCMOSセンサーってやつか。
フリック入力難しいですね。
ガラケー入力だって2年使ってやっと覚えかけたところだったのに、フリックに慣れる日が来るんだろうか。
いまだかつて自分の親指のラウンド形状をこれほど意識させられたことはないよ。
自分の指の頂点ってそんな場所だったんだっていう…。

しかしAndroidマーケットの混沌っぷりはすごいな!
他人が勝手に人気ソフトの新バージョンとか作ってるしな。
「東方の絵を一千枚収録、キャラ別に自由に閲覧できます」とかすごく… すごく、描くのが早い人なんでしょうね。
あと海外製アプリの日本語が直訳すぎておもしろいです。
「これは最高の探検家です」とか「あなたのiPodは箱から出して行うことができている事に対して複数のアプリケーションを使用してうんざりしていますか?」とか。
「私の家」「私の雲」は最初何かと思ったけど、もしかして「My Home」「My Cloud」を直訳しちゃったんじゃ…。
posted by 倉澤京章 at 17:32| ことえり日記