back_content1.png

2015年04月26日

Lightroom6でHDR合成

Lightroomが6にバージョンアップされて、HDR合成やパノラマ合成の機能が搭載されました。
つまり複数の画像を合成してつなぎ合わせるエンジンが搭載されたんですかね。

というわけでさっそくいつものRAWデータ撮影でHDR合成を試してみました。

まずは構図がぶれないように三脚固定、露出を変えながらブラケット撮影で3枚ずつ撮影します。
ブラケットを設定して一度シャッターを押すと、露出を変化させながら自動的に3回シャッターが切れます。
ここでうちのNEX-5Rはブラケット撮影とセルフタイマーが併用できないことに気付いて地味にショック。

Lightroom_HDR1

上記は±2EVでブラケット撮影したもの。
本来の明るさに加えて明るめの写真と暗めの写真も撮れています。
これら3枚の写真を選択して「写真 / 写真を結合 / HDR...」。
3枚の写真が合成されたdngファイルが新たに生成されます、自動補正もHDR風の極端なパラメータ設定に。
そしてできたのが…。

Lightroom_HDR2

左が3枚の写真が合成されたHDR。 右が0EVのRAWを同じパラメータでHDR風に現像した物。(基本補正パラメータをコピペしました)
合成が優秀なので手持ちでも全然大丈夫でした、風が強かったので枝葉など盛大に揺れていますがとくに不自然さも感じません。
しかし肝心のダイナミックレンジは…んん…? それほど変わらない?
というか完全に同じ!?

ブラケット変化量を±1EV、±2EV、±3EVの三段階で試してみましたが、それほど差は感じられず…。
結論としては今どきのセンサーのダイナミックレンジ恐るべし、そしてRAWデータが保持しているデータ量がそれだけリッチということですかね。

コンデジのDSC-RX100のRAWだともう少し白飛びして、ハイライトのパラメータでも復旧できないのですが、NEX-5Rくらいの画素ピッチ(APS-Cで1600万画素)だと十分にダイナミックレンジが取れてるようです。
RAWで撮影する限りHDR合成はあんまり意味なくね!?  といういまいち面白くない結果になりました。
Lightroo6のHDR合成はJPEG撮影で威力を発揮するようです。

普段撮っている写真をflickrの方に上げていますのでよろしくどうぞう。
posted by 倉澤京章 at 19:39| 写真

2014年05月31日

ローパスフィルター傷の続き

1月の顛末の続きを書いてませんでしたね、NEX-5R(デジカメ)の話。
結果から言うとまた修理に出しました。

もはや通ってる感もある秋葉原のサービスステーションに持ち込んでみると、やはりローパスフィルターに傷が付いているとのこと。
完全に水平に真っ直ぐ入ってるので手でつけた傷のようにも見えないし、製造工程で入ってたんじゃないかな。(触ってないよ!)
再び工場に送り返されてローパスフィルターの交換修理になりました。
あれっ、じゃあ最初のローパスフィルタのクリーニングは不要だったんじゃ…。
「有償修理で2万円かも」と言われてうえぁああおぅえええとか思ってたのですが、幸い無償対応でした。 助かった。
3万7000円のカメラの修理に2万円とか無いわ!

というわけでカメラ本体は2回修理、初期不良のレンズも交換修理だったので、まともに稼働を始めるまでに2ヶ月くらいかかったぞこれ。
レンズ交換式カメラの世界は長く険しい。

SEL1670Z(レンズ)の個体のばらつきも有名な話らしくて、あちこちのサンプルを見ているとあきらかな不良に気づかずに使っている人もいるようで。
アナログ装置はどこからが不良なのかが分かりにくいので、素人がこれを「不良!」と確信するのは気力がいるんですね。
(こんなに高かったんだから間違いないはず…)と自分に言い聞かせながらズルズル使っちゃう人もいるんじゃないかな。
メーカーはしっかり検品していただきたいですよ。

DSC05957
東京KITTE
posted by 倉澤京章 at 10:16| 写真

2014年01月29日

SEL1670Zの片ボケ不良

ツァイスのレンズなのにこの程度なの? と疑問に思いながら使ってみたのですが、どうも様子がおかしい。
初めての交換レンズなのでよく分からないのですが、どう見ても右上がボケすぎです、正直左下もちょっと怪しい、いや正直に言うと中心部以外全部おかしい。

DSC04889

サンプル写真を拡大印刷して販売店のレンズカウンターに持ち込んだところ「これは初期不良ですね」ということで、その場で交換対応になりました。 ナイス対応、修理コーナーに持っていかなくて良かった。
さっそく交換してもらったSEL1670Z(2号機)を装着、いでよバリオテッサー、おらにツァイスの力を見せてくれ!

見せて
見せっ… んん…!?

ローパスフィルターのクリーニングから帰ってきたNEX-5Rなのですが、よく見たらフィルターに傷が入ってる… ような…

つづく。
posted by 倉澤京章 at 15:57| 写真

2014年01月23日

SEL1670Z(レンズ)

DSC04827

レンズってカメラ本体より高いんだな!
Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Zというレンズです。
手振れ補正も付いた親切ツァイス、広角から始まるので都市部で撮る僕にはありがたい。
あまり明るくないけどそのぶん小型です、コンパクトデジカメばかり使ってた僕はこれでもかなり大きく感じますけどね。
フードの内側は光の反射を防ぐマット加工がされています。
ピントリングとズームリングは隣接している上に、手触りが同じなのでちょっと区別が付きにくい。

レンズが届いたのはいいのですが、肝心のカメラ本体(NEX-5R)が修理に出ていたんですよね。
しかたがないので、手にとってリングをグルグル回してみたり、「あっホコリが、サッサッ」とか、穴から向こうを覗いて「ほう…」とか言ってたのですが、1週間ほどしてやっとカメラの修理が完了したとの連絡が。
サービスステーションで受け取ったばかりのNEX-5Rにさっそく装着。

見せてもらうぜツァイスの力!
撮るぜー
撮っる… んん… !?

DSC04915

なにか周辺がもやっとしてますね。
どうしたSEL1670Z、お前の実力はそんなものか!
あれ、この右上の片ボケは不良なのでは…。

つづく。
posted by 倉澤京章 at 17:18| 写真

2014年01月14日

カメラ返ってきた

ローパスフィルターとセンサーの間にホコリが入っちゃった話の続き。

クリーニングに出していたNEX-5Rが返ってきたとのことで、秋葉原の町外れにあるソニーのサービスステーションに引き取りに行きました。
保証期間中だったので無料。
受け取ったらすぐに動作確認をした方がいいと聞いていたので、店から出たところでさっそくF36で空を撮影!
まだホコリ残ってる!

担当の人に訊いてみたところ、ステーションや工場ではF11かF22で確認しているとのこと。
わざわざ確認に制限を設けているということは、常に大小のチリが混入するレンズ交換式カメラで最大絞りまでこだわっていたら「キリがない」という事なんですかね。
レンズ交換式カメラの作法はよく知らないのですが、どっちにしても最大まで絞らなければ写らないので「ま…いいか!」ということで引き取ってきました。

ローパスフィルターとセンサーの間は外部から見ても隙間が空いているので、ブロアーで強く吹きすぎると空気が回り込んでホコリが入る可能性があるとのこと。 みんな気をつけよう。

関係ないけど受付で待っていたら続々とα7が持ち込まれていたぞ、売れてるんだなーあれ。
posted by 倉澤京章 at 16:08| 写真

2014年01月12日

NEX-5R買ったった

DSC04304

冬コミが終わるまでバタバタしていて書けなかったのですが、SONYのNEX-5R(デジカメ)を買いました。
2012年に発売された前モデルなのですが、安くなってたので売りきれる前に確保。
現行機(NEX-5T)と比べてセンサーもレンズも同じだから画質は同じなんだ、だからこれでいいんだ。
今までコンデジばかり使ってきたので初めてのレンズ交換式カメラです。
恐る恐るレンズを外してみて「おおっ」とか言ってる。

DSC00026

以前使っていたDSC-RX100との比較。(RAW現像)
ハイライト部分の階調が分厚く残っていて白飛びにも強くなりました。
RX100なら飛び気味だったハイライト部分も濃く色が乗っています。
一方シャドウの描写力と高感度ノイズはほとんど変わらず、がくり。
4倍も大きいセンサーなのにね。

DSC04320

スマホのようにアプリをインストールできます。
上の写真はスマホから撮影ができるリモート撮影アプリ。
未来が来たって感じがするな、どんな時に活用するのかは思いつかないけどな!
一応タッチパネルなんだけど感圧式で感度が低いです。 フリック文字入力とか無理すぎる。


DSC00544

付属のキットレンズ(SELP1650)の性能は正直ふつう…。
RX100と比べてもそれほど向上した感じは無いような。
これはもっと良いレンズを買うしかないな。
妙に放射方向に像が流れる(四隅だけではない)と思ったら歪曲収差のデジタル補正が犯人でした、設定で補正を切ったら直った。
上の写真は左半分があやしい。

DSC00283

ズームすると背景がぼかせることに気づいた、最近。

ところで、いきなりですが今このNEX-5R手元にありません。
固着したホコリがあったので秋葉原のサービスステーションに持ち込んだのですが「ローパスフィルタとセンサーの隙間に入ってるのでここではクリーニング不可」とか言われて工場送りになってしまいました。
早く帰ってきてくれー。
posted by 倉澤京章 at 16:34| 写真

2013年11月21日

最近撮ってる写真

flickrの方に載せている写真がだいぶ貯まってきたので
Blogにもピックアップしておきます。
撮影は全てSONY DSC-RX100。(LightroomでRAW現像)

DSC02857
作業机周り
上に乗ってるのは資料、資料だからセーフです!



DSC03331
改築が終わった東京駅丸の内駅舎
よく見ると分かるけど、通りの中央からちょっとだけ左にずれてるのね。 不思議。



DSC03600
日無坂・富士見坂のY字路
東京の坂好きの人には有名なポイントらしい。
この辺りは坂が沢山あるのですが、向こうに新宿が見える絶妙な角度はここだけでした。
遠くから見る新宿が好きだ。



DSC03611
坂の近所にある築90年の酒屋さん。
あまりに激渋だったので店主にお願いして中も撮らせてもらいました。
戦争で焼け残った地区らしい。



DSC03672
JRガード下、神田の今川小路。
明かりの消えてる店はもう潰れてしまったんでしょうか。
反対側も工事の壁で塞がれてしまっています。



DSC03797
JRガード下、有楽町のインターナショナルアーケード。
東京オリンピックの時に外国人観光客向けに開発されたのですが、
今もシャッターを開けているのは2、3店だけ。
徐々に消えていく昭和。
posted by 倉澤京章 at 11:45| 写真

2013年01月29日

ガルパン聖地巡礼


「へー、大洗ってガルパンだけじゃなくてあんこう鍋も有名なんだ」
「普通そっちの方が先だろう!」

ガールズだけどパンツァーだから恥ずかしくないもん。
ガルパン聖地巡礼に行ってきました、聖地巡礼とか初めて行ったよ!
なんだか懐かしい感じのする町並み、路地の向こうに見える大型フェリー、歩いていると潮の香りがします。
何度も訪れたくなるというのも分かる気がしますね。
アニメ放送中はどこも混んでいて大変だったようですが、僕たちが行った時はだいぶ落ち着いていました、行くなら今が狙い目なのかも。
肝心のあんこう鍋は4話で登場した「福本楼」にお世話になりました。
いっぱい写真を撮って来たので上の写真をクリックだ。
posted by 倉澤京章 at 22:50| 写真

2012年12月25日

Eye-Fiカード導入

Eye-Fiカード
Eye-Fi Pro X2 16GB Class10 EFJ-PR-16

実はDSでも使えると聞いたぞ。
Wi-Fiの電波を出すSDカードです、普通はデジカメに挿して使います。
写真を撮ると全自動でもりもりPCに無線転送されるという未来感を堪能できるアイテムです、モバイルルーターやテザリング可能なスマホを持っていれば出先からFlickrやYouTubeにも直接転送できるよ。

だがしかし、実際にセッティングを始めてみると全体的な仕様はかなり微妙。
本来は町中にあるフリーのWi-Fiスポットに入って写真を転送するためのものなので、その後のスマートフォンやモバイルルーターの普及に後付けで対応して行った結果、かなりわけのわからない増築状態になってしまっています。

複数のアクセスポイントを登録できるのですが自動切り換えは無し、せめて優先順位が設定できればいいのですがそれも不可、じゃあ両方のAPを同時に発見した時はどっちに繋がるのかというとそれは運次第という、そんなバカな。
しかたがないので手動で切り換えようとすると専用のソフトを立ち上げ、設定メニューを開き、転送先の設定を…とかそんなことしている暇があったらカードを抜いてiMacに挿した方が早いんじゃー!
しかも転送は写真1枚に対して一度だけなので、例えば一度スマートフォンに送ってしまったら家のiMacには転送されません。
あれもこれもできると謳っていますが、実際にやろうとするとかえって面倒になるのでせっかくのEye-Fiの意味がない。 最終的にはこちらがメーカーの想定にあわせて使ってあげるしかなさそうです。 しょんぼりーぬ。
1週間くらい悪戦苦闘した結果スマホ転送はあきらめました、出先からはFlickrにアップするからいいよもう。

いろいろ試しているうちに気づいたのですが、サーバ経由の転送オプションを設定していてもローカルにクライアントが見えている場合はローカル転送を優先するみたいです。つまりEye-Fi→PC→サーバにアップロードと、Eye-Fi→サーバ→ローカルにダウンロードを自動切り替えしていて、妙に転送が遅い時は後者です、最終結果が同じなので気づきにくい。

以下細かい話。
・AP登録する時は付属のプラスチック製USBアダプターを使った方がいいです、iMacのSDスロットに直接挿すとアルミ筐体の中に入っちゃうので電波が受信できなななな。
・初めてClass10に対応、DSC-RX100でAVCHD 60p 28M(PS)の書き込み可能。
・スマホのIPアドレスを手動設定で固定にしているとダイレクトモードで接続不可。
・ルータの暗号方式WPA-AESに対応してないっぽい。 WPA-TKIPにすると接続できます。

暗号方式とか落とし穴すぎるやろ…、購入したものの接続できなくて使用をあきらめた人もいるんじゃないかな。
他社からも似たようなSDカードが出て来たし、デジカメ側も対応する機種が増えて来たのでそろそろ業界内で統一規格を作った方がいいんじゃないですかね。
posted by 倉澤京章 at 17:24| 写真

2012年12月01日

DSC-RX100購入


東京百景


東京百景と言いつつ途中から引っ越したため千葉のも多い連載写真。
撮影は前半がDMC-LX3、途中からDSC-RX100になりました。
画質はLightroomのRAW現像でかなりいじっています。

SONYのDSC-RX100(デジカメ)買いました。
4年の間にデジカメの進化は大変なことになっていたよ!
ちょっと忙しいのでまとめきれていないのですが、Flickerの方にぼちぼち写真を上げていきます。
感触などはまた後で。
posted by 倉澤京章 at 12:41| 写真

2011年06月02日

東京百景


東京百景

東京や千葉の連載写真。
Lightroomが吐くギャラリーだと写真が縮小表示になってしまうので、試験的にFlickrに移行してみたけどどうだろう。
撮影:Panasonic DMC-LX3
現像:Adobe Lightroom 3

以前の東京百景はこちら
posted by 倉澤京章 at 09:31| 写真

2010年05月23日

旧東京百景


旧東京百景 No.001〜No.627


はぁはぁ発掘したぞ。
東京大陸HPのトップで8年間連載してきた写真です、たぶん掲載当時のオリジナル画像。
超重いページなのでご注意ください。

撮影:1999/4/3〜2007/6/10
使用機器:
SONY CyberShot DSC F55K(1999/04〜2002/06)
Canon IXY DIGITAL 200a(2002/07〜)

No.628以降の連載はこちらへ移行しました
posted by 倉澤京章 at 15:53| 写真

2003年11月08日

東京ホテル浦島 & 晴海会場跡地

晴海コミケ時代、地方から出てくる貧乏同人たちの救世主として、同人誌の発展期を見つめてきた東京ホテル浦島ですが、ごく一部の人達に惜しまれつつ2003年9月に閉館しました。
続きを読む
posted by 倉澤京章 at 00:00| 写真